no.68_何年ぶり?ぎっくり腰(><)

こんにちは、カレンです。

今週の水曜日に、ぎっくり腰をやってしまって、びっくりしています。

本当に久しぶりで、前回はいつだったか…今まで多分、2回くらいやったことはあるんですけれど、前回は多分子どもを産んだすぐ後だったから…2014年か15年。5~6年経っているわけです。

今回はノーマークだったんです。びっくり。毎週しっかり運動していたし、体重も減りつつあって、疲れとかもたまらなくなってきているな~とか思ってきていたので、少し寝不足とかがあったとしても、昼間に眠くなるわけでもないので、どんどん自分にタスクを作って実行していっていたのですが、水曜の午前に、この雨続きでビヨンビヨンに伸びた家周りの雑草をむしろうと思って着々と進めていたら…あっ!て…

これ、完全に動きをフリーズするというか、息すらできないというか…かなり、かなり痛かったです。

それで、計画していた運動も、お仕事への応募も、家事も何もかも中止…

今回は、なんだか涙が出てきてしまいました。この歳で、テレビ見て感動以外で泣くなんて…

なんとも情けなくなってしまって…文字通り、なぁ~んにもできなくて…

それでも、母が助けに駆けつけてくれて…少し落ち着きました。

今から!って意気込んでいるときに、少し前の採用不合格のショックなどがあったからか…よくわからなくなってしまって、困惑しました。運動してるのに!とか、これからってときなのに!とか…

少し焦っていたのかもしれません。娘の夏休み前に、仕事をスタートさせたかったので。少しでも。

この出来事が、「もう少しゆっくりやりなよ」「休みなよ」という意味なんだととらえるしか、自分を慰めることができませんでした…

運動しすぎたのかなあ。そんなに頑張って体に負荷かけていたかなぁ。

???が多いのですが、なってしまったのは事実。1日動けなくて…でも、少しずつよくなっています。

身体の声を聴きながら、いろいろ進めていかないといけないですね。

それか、単純に、ストレスにめっきり弱くなっているか…まあ、そうかもしれない。

この出来事が、今後どのように影響していくのか、これも客観的に追ってみていきたいと思います。

とりあえず、もう娘が夏休みに入ってしまうし…勉強も少し、わかっていないところ増えているようですし…娘を見ろということかな…それも、いいのかな。

今回は、迷ったままで終わりますが、もう落ち込んでいるわけではありません。ぎっくり腰は、まず冷やして、その後は様子をみて温シップに変更。できるだけ、日常の生活に早く戻って動いた方が良いそうです。実際、それでものすごくスピーディーに回復しています。

今回もお読みいただいてありがとうございました。それでは、また。