no.4_実は乳がんサバイバー!

2020年8月26日

自己紹介の途中ですが、現在41歳、夫と娘6歳との3人家族のカレンです。今日は少し驚きのわたしの要素をもうひとつ公開します。

大卒で専業主婦はたくさんいると思いますが、わたしをつくっているもうひとつの驚きの要素が、そう、今回のテーマの通り、「乳がんサバイバーである」ということです。発見したのは3年前の2018年。38歳のときです。子どものころから大きな病気ひとつしたことがなく、今から考えるとどこにその根拠があったのかわかりませんが、健康に自信があったわたし。晴天の霹靂でした。大変でしたよ。ですが、幸いにも、転移する直前で、大きな手術でしたが、右胸の全摘出と結構な数のリンパ節の切除をしてもらいました。一応まだ若いほうの乳がん患者だったため、フルスペックで再発予防の治療を受けました。化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療などです。今では随分元気になりました。今は、サバイバーです!と前向きに語ることもできます。まだ経過観察ではありますが、薬を服用し、定期検査を受けているくらいです。がん宣告を受けたとき、娘はまだ3歳!!!いや~このときの衝撃は…ものすごいものでしたよ。

乳がん。今では他人事ではありませんよ。自分だけは大丈夫だと思っている人がほとんどですよね。わたしもそうだったけど。乳がんだけではなく、がんという広い病気で言うと2人に1人はなると言われています。夫婦のうちのどちらかがなると言ってもいいということですよね。これだけ増えているのは、時代というのもあると思います。わたしの世代が幼少のころは、即席のものがたくさん出回りはじめ、親も忙しいから手軽にそういった食品にも手を出していたと思うんです。化学が発達していくことに加え、経済第一主義みたいな方向に向かっていた日本では、この時代の食は、添加物の問題や農薬の問題など、とても危険だったのではないでしょうか。即席のものも、結構美味しいしね。子どものわたしは、何の疑いもなくたくさん食べてきましたよ。そういった時代背景というのはあるはず。親のせいというのではなくて、この病気になったのは自分のせいですが、あまりにも「普通」にがんになる人たちが増えてきていて、環境や食事内容は影響していると感じるんです。それと、ストレス!これですよね。ストレスは昔からたくさんあったはずですが、どこかで癒されていたのか…?それについてはわかりませんが、現代人はストレスを癒す時間が取れていない人が多いのかもしれません。芸能人だって、ものすごくたくさんの人が乳がんになっている。公開している人もたくさん。ほぼわたしと同じ時期に、わたしより格段に若いけど公開した女性がいました。元AKBの矢方美紀さん。彼女はすごいと思いました。テレビでも特集を見たけど、特に見た目が変わってしまうこの病気の治療過程もすべて公開し、気持ちも自分の言葉で伝えていて。わたしは、そのつらすぎる時(化学療法中と放射線治療中)は、伝えるということができなかった。つらくて、自分の不運におぼれていた感じです。

だけど、「病気になって、本当によかった」。今のわたしは、自信を持ってそう言えます。失ったものもあります。体の一部、お金、仕事(自分で辞めたんですけどね)とか。だけど、自分の生活面でも、精神面でも、病気にならなければ気がつかなったあまりにも大切なことが、たくさんあるんです。今後はそういったこともこのブログで書いていきたいなと思っています。誰から見ても、不運なことかもしれませんが、それがきっかけで得るものって、とても大きくて、人生でとても大切なものだったりするんですね。それも、以前には気づけなかった。とにかく、朝から晩まで働いて、働いて、いろんなことを我慢して、たくさんの人に仕事で認められたくて、プライド持って、不満も持って、でも大切な家族には我慢させていたあの日々…終わらせることができた。今、毎日がとっても幸せになった。だから、こんなに病気に感謝できるようになりました。

キャンサーギフトというそうです。なんてぴったりな言葉なんだ!そう、ギフトなんです。人生は劇的に変わりました。とても幸せな方に。わたしが、がんを宣告されてまだ立ち直っていないとき、がんの先輩から教えてもらいました。その方もとても幸せそうに、毎日を活動的に生きていらっしゃいます。ギフトは、わたしに小学校以来なかったと思われる「自分を大切にする時間」もくれました。この時間に、気づいてしまったことがひとつ…「自分はなにが好きなのか、なにがやりたいのかわからない…( ;∀;)」これ、衝撃な事実でした。それだけ、人のために、人に評価してもらうために、生きてきすぎてしまったということ。できることをやりつつ、40にもなるわたしが、自分について考え始めたのでした。これだ!というのは見つけられないまま過ごしていました。そんなとき「40歳からを人生の本番にする」という漠然とはしているけれど、間違いなくワクワクするお題が降ってきたのです!このブログでは、そんなわたしが、ワクワクすることを大切にしながら、40代の日々を更新していきますよ。毎日頑張っているみなさんが、こうしたらカレンさんはこんなふうになった。だからこれをやってみよう、これはちょっとやめておこう(でもいい)、など!人生を一緒にワクワクさせていきましょう。あ、身体の定期点検は抜かりなく、これはやってくださいね。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。