no.36_ピアノできるんじゃないか?!

こんにちは。カレンです。12月に入り、気持ちが忙しくなってきました。お仕事お休み中のわたしがそうなのですから、お仕事されている方々はとんでもない忙しさに突入していそうです。

さて、最近、もしかして…♪と思うことがありますので、書きたいと思います。

うちの娘の ののちゃん(仮)は、保育園の年中の終わりごろ(3月)、ピアノを習い始めました。子どもができたら、是非習わせたいものでしたので、始めてくれてとても嬉しかったです。今は、始めて約2年弱になったかな。

なかなか、ピアノを買ってやれなくて、やっと今年電子ピアノを購入。本物のピアノと比べたらお安いですが、我が家にとっては大金でしたよ。それでも、音楽をやっているののちゃんは、楽しそうだったし、買ってやれてよかったと思っています。パパは大変だったけど。(ありがとう!涙)

習い事については、考えるところもありますよね。本人がやりたいと思っているのか、親がやらせたいと思っているのか。とか。

実際、わたしが娘にピアノをやらせたいと思ったのは、自らの劣等感からというのは否めません。

子どものころは、人より割となんでもできたわたし。お勉強もできました。だけど、うちは裕福ではなかったので、習い事をさせてもらえなかった。幼稚園のころからピアノがやりたくてやりたくて…だけど、叶わなかった。小学校の中学年くらいになると、ピアノのできる子への憧れ、自力で練習してもうまくいかない憤りから、結局やらないままで大人になりました。親はキーボードを買ってくれたけど、それは小学4年生頃で、今から習うということにプライドが勝ってしまい、踏み出せなかった。結局、そんなに好きでもなかったのかもと思っていました。そのとき買ってもらったキーボードは、電子ピアノを買うまでの娘の練習に使うことができましたけど。習い事を始めるタイミングってあるな~と思っていました。

でも最近、気づいてしまったのですが、もしかして、わたし今、娘と同じように練習すればかなり上達するんじゃないかと…

60歳になってからピアノを始めた男性が、ものすごくパワフルにピアノを弾くのをテレビで見たことがあります。習い事を始めることに、ベストなタイミングはあるでしょうが、いつ始めてもいいんだな~と感心したものです。

今、娘が継続さえしてくれれば(早く上手にならなくても)、一緒に練習して、わたしもそれなりに弾けるようになるのではないかと思えてきています。

すでに、わたし(習ってこなかった大人)が弾けるギリギリのレベルにまで到達している。ということは、これからはわたしも練習するつもりで、娘の練習に付き合ったらいいですよね!

そうすれば、子どものころに満たされなかった「できない」という思いを解消できるかもしれません。チャンス!

ということで、これからは娘の課題曲についていけるように、わたしも練習したいと思います。

忙しくても、毎日5分でもいい!と先生に言われていますから!わたしも、5分でもいいなら!できるかもと思います。やってみま~す!

好きなことがひとつ増えたら嬉しいなぁ。

今回もお読みいただいてありがとうございました。それでは、また!