no.2_人生の本番とは?

2020年8月26日

こんにちは。星 花愛です。先週末からすごい雨で、全国的に「過去にない」という気象庁からの発表がある中、被害に遭われたり不安を抱えていらっしゃる地域の方には、心よりお見舞い申し上げます。わたしの住む地域でも、大雨で今朝は不安を感じましたが、小学校1年生の娘は登校していきました。すごい豪雨でしたけど。皆さまの地域も無事に、この状況を乗り越えられますように。

今日は、ブログ更新も2回目ということで、前回からの続きにもなりますが、「人生の本番はいつなのか」について、書いてみようと思います。40代に入って、まあ、いわゆる中年といわれる仲間に入ったわけなのですが、正直な気持ちは、「あれ?このままでいいのかな?もう中年なの?人生の折り返し地点と言われているのに、わたしが望んでいたことはかなっているのかな?これが大人なのか?思っていたより達成感ないぞ。」という感じです。精神的な部分でいえば、高校生の時から根本はそれほど大きく変わった気もしないし、でも、いろいろな経験を経て、物事について決断できるようになってきたというか、決断するための手段がわかってきたというか、そのような状態です。見た目や体力が、全盛期でなくなっているのは明らかですが、おばちゃんとはまだ呼ばせるもんかの気持ちが残る、そんな状況です。でも、わたしの人生の本番はもう過ぎているのか、あのときだったのか?など、なんともモヤモヤが消せません。そんなこと決めなくてもいいのでしょうが、浮かんでしまったので、考察してみたいと思います。

20代のときは、まあ、見た目は全盛期でしたね。10代はメンテがさほどなくても若さでキラキラ輝いていますが、20代は、垢抜けると言いますか。自分でお金を使えるようになって、「自分に投資」が始まっていたわけです。でも、仕事では気づきが足らず、周りにかなり助けてもらわなければいけなかった。至らなかった。何かあると人のせいにしてしまう精神が抜けなかった。でも、一生懸命でした。これから自分の本番?成功?を迎えるために頑張っているという感じでした。では、30代が本番かというと(ちょっとそうかもとも思えたりもするのですが)、わたしの場合は、仕事で認められ始め、結婚し、出産し、子育てと仕事の両立、そんな中で家を建て、ついでに言ってしまうと大きな病気も経験し・・・必死すぎてほとんど余裕なく終わりました。激動ですね、思い起こせば。でも、わたしがなりたかった、やりたかったことが完成したわけではないような…

そこで、「40代から本番説」を実践したくなったわたしです。前回も書きましたが、ナオトインティライミさんに共鳴しました~。この40代からを本番にしていくためには、何が必要か。やりたいこと、成し遂げたいことってなんなんだろう。まず、それも明確ではなかった。それを掲げ、試してみる!トライ&エラーのつもりで!試してこなかったいろいろなことを、とにかくやってみる。人生の本番をスタートしたと言えるようになりたい!そう思います。

具体的には、何か。わたしなら…

①ダイエットしたい!(健康でいたい!)

②実力を証明できる資格を取りたい!

③納得できるレベルで家事をしたい!

④お金をしっかり稼げるようになりたい!

⑤家族で楽しい体験をたくさんしたい!

⑥誠実に、誰かの力になりたい!

そんなところでしょうか。あなたも考えてみてくださいね。そして、一緒に励ましあって、かなえていきましょう!いくつもやっていく中で、失敗や、あ~これは違ったな~というようなものもあるかもしれません。でも、やってみないとわからないしね!こうやって希望を明確にしたことがきっと「かなえること」の始まりになる。今日のブログは、そういう意味のある回になりました。

お読みいただき、ありがとうございます。温かい飲み物を飲んで、自分時間を10分でもいいので、作っていきましょうね。わたしもそうします。ではまた近いうちに。